NEWS & BLOG

~~アーユルヴェーダとは~~
アーユルヴェーダは、インド大陸の伝統的医学である。
ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつであり、
相互に影響し合って発展した。
トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられており、
これがアーユルヴェーダの根本理論である。
その名は寿命、生気、生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」と知識、学を意味する「ヴェーダ」の複合語である。
医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでおり、
病気の治療と予防だけでなく、より善い人生を目指すものである。
健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまでを追求する。
アーユルヴェーダは、心、体、行動や環境も含めた全体としての調和が、
健康にとって重要とみる。
このような心身のバランス・調和を重視する考え方を、全体観(英: holism)の医学という。
古代ギリシャの医師ヒポクラテスに始まり、
四体液の調和を重視するギリシャ・アラビア医学(ユナニ医学)や、
陰陽・五行のバランスを重視する中国医学など、伝統医学の多くが全体観の医学である。
病気になってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作ることを重んじており、
病気を予防し健康を維持する「予防医学」の考え方に立っている。
心身のより良いバランスを保つことで、健康が維持されると考えた。
具体的には、五大(5つの祖大元素)からなるヴァータ(風)、ピッタ(胆汁・熱)及びカパ(粘液・痰)の
トリ・ドーシャ(3つの体液、病素)のバランスが取れていること、
食物の消化、老廃物の生成・排泄が順調で、サプタ・ダートゥ(肉体の7つの構成要素)が良い状態であることが挙げられる。

~~wikipediaより抜粋~~

この度、
ヘアスタイリストでもあり、
アーユルヴェーダ・ハーバルセラピスト・バリ式クリームバスのディプロマを持つ
アーユルヴェーダのプロフェッショナル-対馬あゆみさんがおくる
アーユルヴェーダメニューがはじまりました。

カラダとココロを整える自然の恵み100%のオイルメニュー。
只今、大急ぎでメニュー作成しておりますが、
今のところ、
☆アーユルヴェーダ・シローアヴィアンガ(頭マッサージ)
☆アーユルヴェーダ・シローアヴィアンガ(頭マッサージ)&よもぎ蒸し
☆アーユルヴェーダ・アヴィアンガ(上半身オイルマッサージ)
☆アーユルヴェーダ・アヴィアンガ(上半身オイルマッサージ)&よもぎ蒸し
☆アーユルヴェーダ・シローアヴィアンガ&アヴィアンガ(頭と上半身)
☆アーユルヴェーダ・シローアヴィアンガ&アヴィアンガ(頭と上半身)&よもぎ蒸し
が実現しました。

是非お試しくださいませ。